生駒 保育園 幼稚園 奈良市 奈良県 学童保育 こども学園SUBARUってどんなところ?

  • HOME >
  • SUBARUってどんなところ?

英語のこども学園SUBARU の経営理念

体と心が健康に育つ場をつくる

子どもは無限の可能性を秘めています。その可能性を引き出し、広げるためには、子どもの体と心が健康であること、家族が健康であること、ここで働くスタッフが健康であることが基本であると考えています。そのために子どもが満足して、保護者が満足する、そしてここで働くスタッフが満足する最高の場をつくっていきます。

保育理念

表現力∞ 無限大
コミュニケーションの始まりはあいさつからです。
さらに、あいさつから始まる人としての正しい生活習慣を身につけること、健康な体をつくること、素直な心で表現できることが全ての基本です。
この基本がきちんとできること、その上で自分を表現することが重要であり、
その可能性は無限です。
子どもの無限の可能性を引き出したいという想いが、この言葉には込められています。
英語で遊ぶ、英語を遊ぶ
子どもたちのからだの中には「可能性」や「チャンス」という無限に膨らむ風船が秘められています。私達は風船を子どもの「自信」と考え「それを大きくするお手伝い」を「SUBARU」の保育と考えており、そのスキルとして「英会話」を選びました。
自信を持ってできる事があれば子どもたちの輝きは変わります。
英会話を習う、だからと言って決して「国際人を育てる」とか「国際化に貢献する人間の育成」などと唱えません。英会話を子どもの一つの「得意技」になるようにおもしろく、たのしく英語を身につけていける施設を目指します。
それが私達「SUBARU」の基本です。

「SUBARU」の保育方針

  1. 素直で思いやりのある子どもに育てる
    • 自分の意思をきちんと言葉で伝えられるようになるための基礎を育みます。
    • 感謝の気持ちを持ち、言葉にして伝えていく大切さを伝えます。
  2. 正しい生活習慣を身につける
    • あいさつは必ずすること、使ったものは元通りに片付けるなど、
      基本的な行動を大切にしています。
    • その他にも社会生活に必要な躾やマナーをできるようになるまで繰り返し教えていきます。
  3. 日々の生活を通じて、一人ひとりの表現する力を引き出す
    • 日本語はもちろん、英語で歌を歌ったり、絵本を読んだり、ダンスをしたり、
      表現することの楽しさを日々の生活の中で伝えます。
    • 子どもたちのありのままの発想や考えを受け入れる柔軟な心で保育に努めています。
  4. 自然と英語が身に付き、親しみを持つようになる
    • 色、食べ物など、いろいろな言葉を英語で身につけます。
    • 英語で、あいさつや簡単な受け答えができるようになります。